2010年04月23日

福祉国家論の有識者からヒアリング―厚労省PT(医療介護CBニュース)

 医療・介護の国際競争力を強化する政策などについて検討する厚生労働省の「『未来への投資』プロジェクトチーム」は4月22日、福祉国家論に詳しい北大大学院法学研究科の宮本太郎教授からヒアリングを行った。

 宮本教授は、着実な経済成長を伴う次世代の社会保障基盤として、雇用につながる社会保障の仕組みが必要だと指摘。一つの分野にとどまりがちな現状の硬直化した就労スタイルではなく、複数の分野を行き来できる柔軟な就労を支援する公共サービスなどを充実させることが重要だとした。


【関連記事】
医療、介護で「未来への投資PT」設置―厚労省
次期報酬改定の本体部分「原則引き下げ」―財務省が方針提示
「事業仕分け」WGの結論、政権公約と合致せず−日医見解
【中医協】入院基本料の一律引き上げめぐり対立激化
小学校高学年など年内に前倒し―新型ワクチン接種

救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
<雑記帳>オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う(産経新聞)
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)
posted by fllkqrjm2r at 03:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。