2010年04月20日

民主、新人議員研修を終了へ(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は13日、昨年8月の衆院選で初当選した新人議員を対象にした「新人議員研修」を終了させる方針を明らかにした。

 昨年の臨時国会から随時実施してきたが、山岡氏は13日の党会合で「1回生も(国会の)勝手を心得てきた。研修のような形はそろそろ終える」と述べた。

 ただ、新人議員を10の班に振り分け、主に当選3回の国対副委員長が班長として日常的に指導していく体制は今後も維持していく。「一人前になるにはまだ時間がかかりそうだ」(中堅議員)との声もあり、新人議員への“管理”は続く。

【関連記事】
枝野氏が「仕分け調査員」にエール
民主、比例単独の新人 「生き残り」目指して勉強会
結局増税頼み? 「火の車」鳩山政権
国会議員、倍増が必要 事業仕分けで野田財務副大臣
自民党がどう変わろうと国民には関係ない
外国人地方参政権問題に一石

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)
<新幹線>八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
奈良公園の鹿に矢、30代男に逮捕状(読売新聞)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
posted by fllkqrjm2r at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。