2010年01月18日

<国民新党>独自の郵政改革案 政府と同じ3社体制を容認(毎日新聞)

 国民新党は13日、日本郵政グループの組織形態の見直しについて、全事業統合の1社体制のほかに3社体制も認める郵政改革案をまとめた。政府内は3社体制でおおむねまとまっており、1社体制を強く主張していた国民新党が3社体制を容認したことで、経営形態の見直しは3社体制で決着するとみられる。

 3社体制は、持ち株会社、郵便事業会社、郵便局会社を統合した親会社の下に、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の2子会社を置く。

 ただ、同党は「政府が絶対的な株主権を維持し続けることは重要」と主張。3社体制の場合、国が親会社に3分の2以上出資し、親会社は金融2社の株式を100%保有すべきだとした。政府は、親会社に国が2分の1超か3分の1超を出資し、親会社が金融2社に3分の1超を出資することを検討しており、今後の調整課題となる。政府は通常国会に提出する郵政改革法案の基本方針を今月末までに決定する予定。【中井正裕】

【関連ニュース】
郵政3社体制:政府と日本郵政ほぼ合意…総務相
日本郵政:新組織2案に絞り検討 大塚副内閣相
年賀はがき:販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚
日本郵政グループ:ベア要求見送り…JP労組が方針
ゆうちょ銀行:定額・定期貯金の金利引き下げ

「低炭素生活」で家庭はどうなる? 温室効果ガス削減25%削減の根拠は?(産経新聞)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
<人事院>事務総長に吉田氏が就任へ(毎日新聞)
日本海側で大雪の見込み…九州、四国でも降雪(読売新聞)
マグロ刺身に針混入 埼玉のスーパー(産経新聞)
posted by fllkqrjm2r at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。